<公式>静岡市シティプロモーションサイト:桜えび とろける生の桜えびを味わえるのは世界中で静岡だけ 静岡市 桜えび特設サイト

印刷するENGLISH

11月1日は「お茶の日」です!

2017/10/16

静岡茶の歴史は古く、現在の静岡市葵区栃沢に生まれた鎌倉時代の高層「聖一国師(しょういちこくし)」が、宋から茶の種を持ち帰り、蒔いたのが始まりとされています。

 

そして、江戸、明治、大正、昭和を経て、静岡市は茶取引の中心地となり、静岡茶市場周辺には、全国から茶葉のみならず、製茶問屋や斡旋商のほか、資材や製茶機械をはじめ、実に多くの関連産業が集積しています。

 

11月1日は、静岡茶の祖である聖一国師生誕の日であり、静岡市は「お茶に親しみ、茶の伝統・文化・産業等に理解を深める」ため、その日を条例で「お茶の日」と定めています。

 

静岡駅北口の地下イベント広場では、お茶の日前後の土日祝日に、静岡駅北口地下のイベント広場で「秋の茶まつり」が開催されます。開催日には呈茶サービスのほか、物販コーナーでもお得なサービスが予定されていますので、是非ご来場ください。

 

【秋の茶まつり開催日(各日とも13:00~17:00)】

10/21(土)、10/22(日)、10/28(土)、10/29(日)、11/3(祝)、

11/4(土)、11/5(日)

 

【お茶のまちに関する市HP】

http://www.ochanomachi-shizuokashi.jp/