最新情報

「みほしるべ」で12月19日(土)より企画展「三保を愛した画家 和田栄作 第二弾」開幕

2020/12/04

静岡市三保松原文化創造センター「みほしるべ」は、

三保を愛した代表的な画家である和田英作を紹介する

企画展「三保を愛した画家 和田英作 第二弾」を、

12月19日(土)~ 2021年2月14日(日)の期間、開催いたします。

 

日本近代洋画の重鎮である和田英作(1874-1959)は、富士と羽衣伝説に魅せられた画家でした。

24歳の頃に清水を訪問し、それから少なくとも50年以上の間、

写生のために度々清水・三保を訪れました。

その間、三保の人々と親交を深め、最晩年には三保に住まいとアトリエを構え、

三保から見える富士とバラなどの静物画を描き続けました。

本展では、和田英作と三保の人々との関わりや生活について、

作品4点のほか関係資料を展示し紹介します。

ぜひご来館ください。

▼静岡市三保松原文化創造センター「みほしるべ」イベントカレンダーページ

イベントカレンダー – 三保松原 (miho-no-matsubara.jp)