<公式>静岡市シティプロモーションサイト:桜えび とろける生の桜えびを味わえるのは世界中で静岡だけ 静岡市 桜えび特設サイト

印刷するENGLISH

静岡市が誇る世界オンリーワン資源静岡市が誇る世界オンリーワン資源

世界オンリーワングルメ生で食べられる桜えび

 桜えびは、世界的にも希少な生物として知られ、世界中でも「桜えび」は、静岡の駿河湾と台湾でしか獲れず、生で味わえるのは世界で唯一、静岡だけ。その味は、甘く口の中でとろけると評判です。
 桜えび漁の始まりは、1894年(明治27年)と古く、今年で125年目(2018年現在)。資源保護のため、毎年10月下旬~12月下旬の秋漁と3月下旬~6月初旬の春漁の年2回のみ、漁を行っています。
 富士山や南アルプスなどから清流が流れ込む駿河湾の独特な構造が桜えびの生育に適しており、富士川、大井川、安倍川の淡水が混入する河口付近に群れをつくります。桜えびは深海性で、日中は水深200m位の深さにおり、暗夜には20~30mの上層にまで浮遊して厚い群れをなしています。その時間に合わせて夕方16:00ごろに出漁します。そして、水揚げされたばかりの桜えびは、翌朝新鮮な状態で競りにかけられ出荷されるため、静岡市内の飲食店では、新鮮な生の桜えびを味わうことができるのです。
 静岡市内では、桜えびの魅力を最大限引き出すため、衛生管理や保存方法等の研究を重ね、1981年(昭和56年)から世界で唯一、生の桜えびが食べられるようになりました。

とれたて生の桜えびを味わえるのは世界で静岡だけ!

《由比港漁業協同組合について》
 桜えびの水揚げは、由比・大井川の2漁港があり、合計で120隻の桜えび漁船を有しています。その内、84隻が由比港に所属し、日本一の水揚げ量を誇ります。
 由比港漁業協同組合荷さばき施設は、2012年(平成24年)に移転・新設され、徹底した衛生管理の下で運営されている「高度衛生管理型市場」です。

「由比港漁業協同組合」データ

◆ 所在地 静岡市清水区由比今宿字浜1127
◆ アクセス 「東名清水IC」より車で約20分、JR東海道線「由比駅」より徒歩約10分
◆ 営業時間 8時~16時30分
◆ 定休日 日曜日、祝日、土曜日の午後
◆ 参考URL http://www.yuikou.jp/

《報道関係者問い合わせ先》
由比港漁業協同組合 
広報担当 宇佐美さん 
TEL:054-376-0001

静岡市が誇る世界オンリーワン資源

世界オンリーワングルメ生で食べられる桜えび
オール静岡でつくる「静岡ウイスキー」2020年世界デビュー!
江戸城よりデカい!日本の城を発掘できる!「駿府城」発掘体験
世界オンリーワンイベント大道芸ワールドカップin静岡
世界で人気!「ちびまる子ちゃん」の唯一のテーマパーク
徳川家康の歴史が育んだ世界一のプラモデル
ムスリムにも好評!世界で飲まれるジャパニーズティ静岡市のお茶
世界に輝く住みやすいまちを目指した働き方改革
動画で見る「静岡市 世界に輝くプレゼンテーション2017」動画で見る「静岡市 世界に輝くプレゼンテーション2017」